すべてのウェブサイト

カチオン硬化は、カチオン光重合開始剤によって開始される重合プロセスであり、収縮率が低く、環境要因に強い、強靭で耐熱性のある材料の開発を可能にします

技術の基礎

カチオン硬化は、オニウム塩を用いた光開始、酸触媒によるエポキシ樹脂の開環重合です。

カチオン光重合開始剤は、UV光エネルギーに曝露され、水素供与体(通常、製剤の樹脂成分)の存在下で、長寿命の酸性種を生成します。この種はエポキシ基を開環してカルボカチオンを形成し、他のエポキシ基と反応して架橋ネットワークを形成する。

原理はフリーラジカル重合に似ており、開始、成長、連鎖移動の段階を経ます。

 

UV光源の使用に依存するのは開始段階のみです。。重合反応の他の段階はすべて熱的に駆動されます。生成した酸は、UV光エネルギーを除去した後も、消費されてフィルム全体が硬化するまで活性を維持します。これを暗硬化といいます。

通常は3種の材料を配合:

  • 光重合開始剤オニウム塩(スピードキュアの名称で入手可能)

  • シクロ脂肪族エポキシド樹脂、UviCureの名称で入手可

  • オキセタン樹脂、UviCureの名称で入手可能

重合ステップ

1. 開始 - 光誘起反応

オニウム塩光重合開始剤は、紫外線を照射すると強いブレンステッド酸を生成し、これが重合反応を進行させる。

chemical-equation-cationic.png

2. 成長 - 熱駆動反応

強酸がエポキシおよび/またはオキセタンを開く

chemical-equation-2.png

カチオン硬化の利点

  • 非常に低い収縮率

  • 酸素阻害がない

  • 優れた接着性

  • コーティング特性の向上

  • 暗硬化反応による高転化率

地域ごとのカチオン製品を検索

サートマー EMEA

SARTOMER EMEA PRODUCT FINDERS

EMEAにおけるカチオン製品の検索

サートマーアメリカ

サートマーアメリカ製品検索

アメリカにおけるカチオン製品の検索

サートマー アジア

サートマー アジア製品検索

アジアにおけるカチオン製品の検索

Sartomer®カチオン製品について詳しくはこちら

カチオン性光重合開始剤

カチオン性光重合開始剤は、光を照射するとプラスイオンを放出する材料です。これらの光重合開始剤はUV硬化用途に使用することができ、UV光を照射すると重合反応を開始します。この反応により材料は硬化し固化するため、コーティング、接着剤、3Dプリンティングなどの用途に有用です。

名称
構造
特性

SpeedCure 937



 

       SpeedCure 937.png
  • ベンゼンフリー
  • 良好な反応性
  • 低黄変性
  • 費用対効果の高い感光性 
 

SpeedCure 938

SpeedCure 938.png
  • ベンゼンフリー
  • 良好な反応性
  • 長寿命の酸種を生成
  • 低黄変性
  • 費用対効果の高い感光性

 

SpeedCure 939

SpeedCure 939.png
  • ベンゼンフリー
  • シリコーンエポキシシステムで非常に高い反応性
  • 長寿命の酸種を生成
  • 低黄変性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名称
構造
特性

SpeedCure 976

SpeedCure 976.png
  • 非常に高い反応性
  • 長寿命の酸種を生成
  • 低黄変性
  • 感光に費用がかかる
 

SpeedCure 992

SpeedCure 992.png
  • 高い反応性
  • 長寿命の酸種を生成
  • 低黄変性
  • 感光に費用がかかる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カチオン性樹脂

カチオン性樹脂は、その骨格に沿って正電荷を帯びた基(カチオン)を持っています。シクロ脂肪族エポキシ樹脂はエポキシコーティングの主要成分であり、高い接着性、低い収縮率、耐薬品性が評価されています。オキセタン専門樹脂は
シクロ脂肪族エポキシ樹脂と併用することで、硬化速度、粘度コントロール、硬度、難接着性などを向上させることができます。
硬化速度、粘度調整、硬度、難度の高い基材への接着性を向上させます。

名称
構造
特性
UVICURE S105 UviCure S105.jpg
  • 低収縮性
  • 粘度(25°Cで約300mPa.s)
  • 硬質ポリマー
  • 高架橋密度、高Tg
UVICURE 128

UviCure S128.jpg

  • 低収縮性
  • 粘度(25°Cで約600mPa.s)
  • UviCure S105よりも高い柔軟性
名称
構造
特性
UVICURE S130 UviCure S130.jpg
  • 接着性の向上
  • 柔軟性の向上
  • 反応性の向上
UVICURE140

UviCure S140.jpg

  • 接着性の向上
  • 柔軟性の向上

 

名称
構造
特性

UVICURE S150

UviCure S150.jpg
  • 接着性の向上
  • 柔軟性の向上
  • 靭性の向上
  • 熱安定性の向上

UVICURE S160

UviCure S160.jpg
  • 接着性の向上
  • 硬度の向上
  • 耐薬品性の向上
  • 熱安定性の向上

UVICURE S170

UviCure S170.jpg
  • ハイブリッド オキセタン / メタクリレート官能基
  • ハイブリッドシステムにおける相分離の低減
  • フリーラジカルシステムにおける接着促進

 

カチオン硬化についてご相談

当社の専門家チームは様々なエンドユースに精通しており、お客様の特定の課題に対するカスタムソリューションについてお客様と共に取り組む準備ができています。

  • 最先端の試験設備

  • 小規模から大規模の包装要件まで対応可能

  • グローバルな製造と供給体制

  • 豊富な製品と技術

お問い合わせ

こちらもご覧ください。

Webzineのトップページに戻る
  • 専門記事

Shifting towards more sustainability: when the coating value chain act as one

2023/07/25
  • 専門記事

コンフォーマルコーティング:目標性能を満たすための材料選択

2023/10/11
  • 専門記事

引抜成形用エンジニアリング樹脂

2023/12/11
Top